×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top pageへ戻る
近況報告
--Concept--
基本的な考え方
--Diarly--
--Top page--
突然だけど、僕は散歩が趣味だ。

休日に家にいるのがキライな僕は、必ずといっていいほど、休みの日には散歩に行く。


ある日には、新宿に行ったり・・・

ある日には、浅草に行ったり・・・

東京に住んでると、散歩のコースは沢山あって、ネタが尽きる事はない。


僕はこの前の休日、やっぱり散歩に行って来た。


銀座へ。


銀座は独特の雰囲気がある。

ここは、日本で最も一流品が集まる場所であると共に、お洒落をしても許される場所だ。

これほど、独特の空気がある場所は、東京広しといえどもなかなか無い。


さて、そんな銀座だが、僕には一軒のお気に入りの場所がある。

いや、「あった」というべきだろうか・・・


a testoni 銀座本店 


a testoni は、イタリアの最高級靴ブランドの一つだ。

その本店であるここは、イタリア高級品の一つの「こうあるべき」スタイルを教えてくれる貴重な場所だ。

場所は、銀座の外れ、新橋の近く。

僕は銀座に来ると、ここに必ず足を運び、高級品の空気を味わっていた。


さて、久しぶりにこの店に来たのだが・・・

・・・

・・・何か、雰囲気が変わっている。


二階のメンズ売り場に上がってみた。

a testoni の看板であるボロネーゼ製法を駆使した銘柄 「BLACK LABEL」

10万以上するこのラインアップが、片隅に追いやられている・・・。

代わって、4,5万のスニーカーが幅を利かせていた・・・。


a testoni といえども、時代の流れに逆らえないのか・・・

僕が初めてこの店に来たときには、堂々と店の真ん中を 「BLACK LABEL」が占めてたのに・・・。


一番のショックは、僕のお気に入りの店員さんが、いなくなっていた事だった。

本名はさすがに書けないが、25歳くらいの女性だ。

いつも自然な笑顔で応対してくれた、気の合う子だった。

僕は自分が 「銀座にふさわしい男」 になるまで、まだまだだと思っている。

正直、田舎くささが抜けていない。

背伸びもしている。

だが彼女は、そんな僕を、いつも気後れさせる事のない応対をしてくれた。

同じファッションの売り場に立つ人間として、一種の尊敬の念も持っていた。


いつも、季節の知らせの時には、自筆でわざわざ50文字くらいの文を書いてくれたものだ。

今年の夏頃から、自筆の文が無くなっていたから、気にはしてたんだけど・・・。


彼女の代わりに出てきたのは、真っ黒に日焼けした、いかにも遊び人風の男。

ふう・・・

高級店にふさわしくないなあ・・・

まあ、そりゃ良い格好してるけどさ・・・

ん?日焼けは関係ないだろって?

あるに決まってんじゃん・・・





て、言ってる様なもんじゃん・・・その真っ黒な日焼け・・・

どう思うよ?

お客さんの中には、毎日、一生懸命働いてる人だって沢山いるでしょ〜が・・・


高級店とは、高級な品物があり、高級な応対が出来る店の事を指すものだ。

a testoni 銀座本店は、その両方を亡くしてしまっていた。


5万の革のスニーカーなんて、どこででも買える。

どんな聞こえの良い言葉遣いをしようが、その日焼けした肌は隠せない。


僕がこの店に求めていたのは、「一流」に対する「憧れ」であり、「尊敬」だったのだ。


静かに込み上げる寂しさを感じながら、僕は店を出た。

何も買うことも無く、特に喋る事も無く・・・


外は、ぽつりぽつり雨が降っていた。

僕は傘をさして、新橋の駅へと、一人てくてく歩いていった。


「あ〜あ・・・やんなっちゃうなあ・・・あのお姉さん、かわいかったのに・・・(本音)」


ばい しんどばっと ・・・・・2005/7/27より
---当サイトの基本的な考え方---
・・・リンクマップ・・・
Link map
し ゃ れ ど う
1:ぼ〜ず頭にしました。
2:皆さんにぷれぜんと〜
3:ある休日の出来事
「最近さあ?ヨットにハマッてるんだよね〜!ずっと休みは海!海サイコー!!!」
Diarly
---近況報告・ある休日の出来事---
3:ある休日の出来事
a testoni 銀座本店
4:ある仕事日の出来事
5:東武池袋にて・・・
9:?
10:?
6:ペンダントを身に着けろ!(1)
  至高のエルメス編
7:ペンダントを身に着けろ!(2)
  歓喜のD&G編
8:ペンダントを身に着けろ!(3)
  漆黒のY・s編