×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top pageへ戻る
近況報告
--Concept--
基本的な考え方
--Diarly--
--Top page--
さてさて・・・

エルメスとの戦い(?)から、2週間・・・

もう、ペンダントの事なんか忘れかけていた時の事です。


私の友人で、ファッションにメチャ詳しい子がいましてですね〜・・・

正直、その子はとんでもない子で、毎月30万ものお金を洋服にかけてる子なんですよ。

はっきり言って、私よりファッションにかけては上手な子なんですな。

私に向かって平気で・・・





と面向かって言う子ですから・・・

くっそ・・・コイツにはなかなか反論できん・・・

シルクの5万円のブラウスやら、16万円のカシミヤコートやら・・・

家の床が地盤沈下するくらい、洋服を持ってるんです・・・

くそう・・・まだ20代のくせに・・・


そんな友人が、私にプレゼントしてくれるとの事・・・

私が成田山に行って買ってきたお守りのお返しとの事・・・





ん〜・・・そうだなあ・・・

今年は寒いから、手袋なんかいいなあ・・・

そういや俺、御茶ノ水の屋台で買った、1000円の革手袋しか持ってないんだよなあ・・・





普段からお洒落を心がけてる子は、こういうトコロもうるさいんですね。

まあ・・・いいや・・・何でも・・・

そして貰ったプレゼントが・・・










なるほどw

ん〜〜そうか・・・そんな事もあったなあ・・・

と言って見てみると・・・





・・・

ど・・・どるーちぇあんどがっばーなやん・・・これ・・・


まさに私のセンスと相反(あいはん)するブランド・・・D&G(ドルーチェ・アンド・ガッバーナ)

ゲイの二人が作り出すホモブランド・・・いや失礼。

ユニ・セックス的で、遊び心満点のブランドですよね。

日本では一時、梅宮アンナさんが広告塔になってましたよね。


これは豆知識なんですが、新宿伊勢丹で最も売れているメンズ・ブランドは、

このD&G(ドルーチェ・アンド・ガッバーナ)だったりします。







・・・

なるほど・・・まあ・・・そうだよな・・・

こいつのセンスはこんな感じなんだよ・・・うん・・・

しっかし・・・エルメスとは、また正反対のブランド選んできやがったな・・・


エルメスが「上品」を掲げているとすれば、D&Gは「下品」。

エルメスの「洗練」に対して、D&Gは「未完成」を掲げているともいえます。


しかし・・・

まあ、やっぱりコイツ(友人)はイイセンス持ってるじゃん・・・

正直、ドルーチェ・アンド・ガッバーナのペンダントとしては、かなり地味なペンダントでした。

そのあたりに、私への気遣いを感じたので、なんかくすぐったいような、嬉しいようなw







しかしです。

私はこのネックレスに合うような服を、一枚も持ってないんですな。

私は超コンサバのオジン系ファッション・・・

D&Gなんて、鼻にもかけないというか、眼中にないというか、口にも出せないというか・・・


しかし・・・

うむう・・・せっかくのプレゼントを無駄には出来ん・・・どうしよう・・・

なるほど・・・黒革のヒモに・・・D&Gの銀の削りだしかあ・・・

夏なら、ジーンズにTシャツでいいんだろうけど・・・

今、冬だしなあ・・・

大体、俺、冬はほとんどタートルネックセーターなんだよなあ・・・

でも、D&Gに、タートルネックなんてスタイル提案してないよなあ・・・

あそこはどっちかというと、胸開けるスタイルが多いから・・・


じゃあ・・・インナーは黒のタートルネックだな・・・

じゃあ・・・上着はどうしよう・・・

上着も黒だな・・・

パンツは・・・黒だと真っ黒になるから・・・黒系の柄にしたいなあ・・・

あとは・・・まあ、銀フチのメガネかけたら、胸だけが強調されなくて、いい感じのバランスになるだろう・・・

で・・・足元に黒いブーツでも・・・

つまり私はこのペンダントには、黒系統一の服が似合うと考えたわけですな。


と思ってた時のコトです。





Y・s(ワイズ)といえば山本耀司率いる、コムデ・ギャルソンと並ぶ、ブラック・ブランド・・・

これだ!!!





へ?今日と明日???

あの〜・・・私・・・給料日前なんですけど・・・

つ〜か・・・明日の夜に飲み会あって・・・お金ないんですけど・・・





くそ・・・能天気なオヤジめ・・・

どうにでもなるんなら、特別招待セールになんか行くわけねえだろ・・・

しかし・・・今日はもうムリだな・・・

明日かあ・・・仕事だよなあ・・・

・・・












というわけで、私は生命保険を落とさねばならないお金を握り締め、

このペンダントに似合う服を探しに、Y・s(ワイズ)の特別招待セールに行ったのでした。

続きは後半。


ばい しんどばっと ・・・・・2006/02/03より
---当サイトの基本的な考え方---
・・・リンクマップ・・・
Link map
し ゃ れ ど う
1:ぼ〜ず頭にしました。
2:皆さんにぷれぜんと〜
3:ある休日の出来事
Diarly
---近況報告・ペンダントを身に着けろ!(中編)---
7:ペンダントを身に着けろ!(中編) 歓喜のD&G(ドルーチェ・アンド・ガッバーナ)編
4:ある仕事日の出来事
5:東武池袋にて・・・
注1
D&G(ドルーチェ・アンド・ガッバーナ)
ドメニコ・ドルーチェ と ステファノ・ガッバーナの二人のデザイナーズブランド。
ちなみに二人ともゲイです(笑)
アパレルの世界って、けっこうゲイの方が多いです。
ちなみに、私は違います(笑)

ユニ・セックスを基本とした、カジュアルの中にゴージャス感のある雰囲気は、一種独特の空気がありますね。
基本スタイルは「遊び」「未完成」「チャーミング」「ゴージャス」「ギャルっぽい(笑)」といった感じかな?

このブランドの評価は難しい!
新しい挑戦かもしれないし、単なる色モノかもしれないし・・・あまりにも女性方向に偏りすぎてる気はしますが・・人によって意見の別れるところでしょうね。

新しい感性であることは、間違いないです。
これからが更に注目ですねw
6:ペンダントを身に着けろ!(1)
  至高のエルメス編
7:ペンダントを身に着けろ!(2)
  歓喜のD&G編
9:?
10:?
「しんどばっとは、ダサイ!!!」
友人 「ねえねえ?プレゼントは何がいい?」
友人 「ごめん!もう手袋は良いのは時期が遅くて売り切れてる・・・何か他のものにするね」
ペンダント・・・
 私    「へえ〜・・・またどうしてペンダント?」
 
友人    「いや・・・だってこの前、ペンダントでもしてみたいな〜って言ってたじゃん?」
[D&G]のでっかい文字が・・・
 私    「な・・・なんで、ドルーチェ・アンド・ガッバーナなの???」

友人   「ドルーチェ・アンド・ガッバーナ さいこおおおおおおお!!!」
つ〜か、めっちゃくちゃ嬉しいっちゅ〜ねん!!!
ある人のつてで、Y・s(ワイズ)の特別招待セールのチケットが手に入ったんですよ!!!
チケット持ってきてくれた人 「あ〜ごめん・・・これ、今日と明日なんだよね・・・」
チケット持ってきてくれた人 「お金なんて、どうにでもなるやん。はっはっはっはっは!!!」
 私  「社長?明日メーカーの招待してくれた展示会があるので、勉強に見に行ってもいいですか?

     午前中で終わると思いますから。」

社長  「ああ?いいわよ?」
オッシ!準備オッケ!
注2
ペンダントを着けてみて思ったこと。
これは不思議な現象かもしれませんが、
ペンダントを着けたことの無い人が、
いきなりペンダントを着けても、まず似合いません。

逆に毎日でもペンダントを着けていると、
不思議と似合ってくるようになります。

これは自分と周囲の慣れも関係してくると
思いますね。

私の場合、このペンダントが浮かないように数々の工夫をしました。

黒革紐が浮かないように、同じく黒革紐が付いたジャケットを着て(本当は黒革紐のブーツも履きたかった!)
シルバー部分が浮かないように、シルバーのメガネをかける(本当はシルバーリングも付けたかった!)・・・と、とにかく同じ要素をあちこちに散りばめた為、ペンダントを強調するんではなくて、服装の一つとして溶け込ませたんですな。

まあ、まだ初心者ですからw
これからもっと上手になりますです、ハイ。
8:ペンダントを身に着けろ!(3)
  漆黒のY・s編