×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









さてさて・・・ここでは、私、「しんどばっと」が

皆さんのお洒落に関する、悩みに対して、診療所を開設致しました。

私たち、日本人が、洋服に袖を通して、まだ100年足らず・・・

つまり、まだまだ私たち日本人にとって、洋服は「新しい文化」なんですね〜。

ちょいと、面白い話をしますと、「和服」ありますよね?

面白い事に私は、「和服」はほとんど触れたことありませんでしたが、

それでも、なんとなくわかるんですよ。

ああ、この服はこういう時に着るんだろうなあ・・・って。

「これはこう・・・」と言われたら、直感的に「なるほど」と、納得できるんですね〜。

これは、恐らく遺伝子的に染み付いてるんですね。

西洋人が洋服を着て似合うのは、それが長い歳月をかけて染み付いたからなんです。

和服は、着ていくシーンによって、かなり複雑な着分け方をしますが、

しかし、本当は洋服も複雑なんですね。

ただ、「洋服」というものが、異文化なだけに、我々は、まだまだ勉強不足、経験不足なんですね〜。


「こういった時には、どんな服を着ればいいのか?」

「これは、どう考えればいいのか?」

それを、応える限り、応えていこうと思います。


ではでは、「しんどばっと病院に、ヨ・ウ・コ・ソ!」
Clinic
---Dr「S」の診療所---
---ファッション論考---
・・・リンクマップ・・・
Link map
し ゃ れ ど う
1:A.B君の場合 1〜7話
2:C.D君の場合 8〜13話
7 −−−
8 −−−
9 −−−
10 −−−
Top pageへ戻る
Dr「S」の診療所
--Fashion--
ファッション論考
--Clinic--
--Top page--
3:E・F君の場合 
4:E・F君の場合(その2)
5:G・Hさんの場合
6:I.Jさんの場合