×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

・・・リンクマップ・・・
---ファッション論考---
Link map
し ゃ れ ど う
Clinic
---Dr「S」の診療所・E・F君の場合---
3:E.F君の場合
1:A.B君の場合 1〜7話
2:C.D君の場合 8〜13話
3:E・F君の場合 
7 −−−
8 −−−
9 −−−
10 −−−
Top pageへ戻る
Dr「S」の診療所
--Fashion--
ファッション論考
--Clinic--
--Top page--
カルテ   handol name E・F  男  28歳  フリーター  

      現在、ネットで古着販売中 そこそこに儲け中 ついでに古物商の免許トリタシ

      埼玉在住  過去に居酒屋店員経験アリ  お洒落は・・・まあ普通って感じ
相談 ファミリーセールって、どんな感じ? あと古物商の免許って取ってて意味ある?
「ファミリーセール」ですかあ〜・・・

といっても、「ファミリーセール」を知ってる人が何人いるやら・・・

さて、まずはファミリーセールを知らない人の為に、ファミリーセールをお教えしましょう。

わかりやすく言うと、ファミリーセールというのは、





さて・・・ちょっと服の値段のメカニズムについて触れましょうか。

普通、10万円の服があったとします。

この10万円の服を10万円で売る事を         といいます。

通常これが普通です。


で、次にバーゲンになりますよね?

バーゲンは要するに、売れ残りを安く売ろうという発想です。

10万円の服なら、大体30%オフの7万円で売ります。

この7万円で売る事を          といいます。


さてさて・・・しかしです。

じゃあ、バーゲンで売れ残った商品はどうなるの?ってことになりますよね?

それを売る一つの手段が 「ファミリーセール」 なんです。


ファミリーセールは、普通、そのブランドを沢山買っている人、

もしくはそのブランドに勤めている人の家族の人にハガキで連絡を出し、

2〜3日でどこかの倉庫や会場で売ってしまおうというセールです。

大体、「バーゲンが終わろうかな?」という時期にあります。

そうですね・・・

冬なら、2月のはじめ・・・夏なら、8月のはじめくらいの時期にしていますね。

値引き幅は、60〜80% このあたりはマチマチですね。


私はファミリーセールに行く人間ですので、一応私なりに利点と欠点を並べてみましょうか。
利点(メリット)

1:とにかく安く買える。

  とにかく安く買えますから、普段買えないような高額商品を買えるチャンスがあります。

  10万円のコートをプロパで買えなくても、3万円くらいなら手が届くってもんです。


2:安く買えるがゆえに、楽しい買い物が出来る。

  無駄遣いと思われるかもしれないけど、普段買えないような服を買えるチャンスがあります。

  着ない服を買ったとしても、ディズニーランドにでも行ったと思えばいいんです。


  
要するに安く買えるってわけ!
なんでもそうですが、「安く買える」というのは強烈なメリットです。

普段のバーゲンと違って、60〜80%の値引率というのは、想像以上に強烈です。

しかもファミリーセールしているブランドは、けっこうそこそこのブランドのはず・・・

良い物を安く買えるとあれば、試してみる価値はあると思いますねえ・・・


さてさて、しかしです。

世の中メリットのある話ばかりではありません。

私なりに、ファミリーセールのデメリットを挙げてみますと・・・
欠点(デメリット)

1:とにかく良い物が少ない。

  要するにファミリーセールに集まる商品というのは、バーゲン品の売れ残りなわけで・・・

  まあ・・・数は多くても、そんなに良い商品はやっぱり残ってないわけで・・・。


2:とにかく混雑していて、じっくり選べない。

  とにかく混雑してます・・・デパートのバーゲン初日の如き混雑です。
 
  弱者は蹴散らされます(笑)


3:落ち着いて試着できないので、似合うかどうかわからない。

  試着室も極めて少ないので、似合うかどうかわかりません。

  中にはカガミすら置いてない場合もあります。


4:いらないものを買う可能性がある。  

  安いと思って、ついついいらない服を買う可能性がある。

  いくら安くなったといっても、いらない服を買えば意味が無い・・・かも
まあ、やっぱり美味い話はそうそう転がってないわけで・・・


あと、上には書いていませんが、こういうトリックもあります。

元来バーゲンというのは、売れ残りの商品を普段お世話になっているお客さんに

サービスで安く提供するというのが本義なんです。

30%オフで商品を売るという行為は、ぶっちゃけ儲けがないということですからね。


ところが


バーゲンでモノが売れると、変化が出てきました。

つまり、バーゲン専用の商品です。

上代(定価)をわざと高めに設定しておいて、さも30%オフや50%オフで売ったようにみせかける・・・

ということですね。

これは今の時代、かなりのブランドが行っています。

ですから、60%オフと謳ってても、実際は30%オフだったりするものもあります。

これはバーゲンを逆手に取ったトリックみたいなものですね。


さてそれで・・・私の結論としましては・・・


ファミリーセールは、ぜひ行ってみたほうがいいと思います。

で・・・行くとして、必ずしも買う必要なんてありません。

遊びに行くくらいの感覚で行ってみていいんではないでしょうか?

ぶっちゃけ買わなくてもいいんですから。

そんなに肩肘張らずに、見て回るだけでもけっこう楽しいと思いますよ?

ファミリーセールくらいの値引率ならば、お遊びでお金を捨てるくらいの気持ちで、

楽しいお買い物という考え方もアリだと思いますしね。







この二つは、どちらもファミリーセールです。

上は (株)ワールド のファミリーセール。

下は YOUJI YAMAMOTO のファミリーセールです。


私は両方とも行きましたが、               では、何も買いませんでした。

逆に、                                     では、

とてつもなく良い買い物が出来ました。


まあ、例えばいらないものを買ってきたとしても、それはそれで、いい思い出になると思えば・・・ねw


ファミリーセールといっても、ピンキリあります。

とりあえず行って、楽しんでくればいいんでないかい?w


あ〜・・・あと古物商の免許は、とれるなら絶対に取っておいたほうがいいです。

なんでって?


「資格」って、あって困るってことはないよ?w


ばい しんどばっと・・・・・2005/02/11より
バーゲン品の為のバーゲンですね。
2:皆さんにぷれぜんと〜 
8:ペンダントを身に付けろ!(後編) 漆黒のY・s(ワイズ)編
8:ペンダントを身に付けろ!(後編) 漆黒のY・s(ワイズ)編
2:皆さんにぷれぜんと〜 
ファミリーセール論考(1)
ファミリーセールの思い出
私が初めてファミリーセールに行った時、
ブランドはタケオ・キクチでした。

大体60%オフでしたが・・・
その時買ったシャツ、ズボン、靴は
現在一つとして着用してません。

バーゲンの売れ残りですから、
はじめは安いと思っていても、けっきょくは
良い物はとにかく少ないのです。

私は実際店員してますのでわかりますが、
いい商品は、ぶっちゃけバーゲンの前に
すでに売り切れてしまいます。

ファミリーセールは、あくまでお遊びの一つと
考えてください。
注1
ファミリーセール論考(2)
ちなみに、私が手に入れることの出来る
ファミリーセールチケットは、

1)ライカブランド
ビビアン・ウエストウッド、ライカ、パリ・レノマ他

2)ワールドブランド
タケオ・キクチ、リフレクト、ボイコット他

3)ヤマモトヨウジブランド
  1. s(ワイズ)、yamamotoyouji他

今のとこはこの三つです。
ファミリーセールの連絡網を作るってのも
アリだなあ・・・

うむ・・・
注2
プロパー販売
バーゲン販売
4:E・F君の場合(その2)
5:G・Hさんの場合
6:I.Jさんの場合