×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さて、実はこのサイトの題名は「洒落道」なんですが・・・

昨日、こんな会話しまして・・・

  友人 「たいして、お洒落じゃないね」

  俺   「そうだね」

っておい。

  俺   「いや、改めて見ると、お洒落じゃない?これ?」

ごめん、嘘ついた。

というわけで、本道にちょっと戻りましょう〜。


実は一ヶ月位前の事ですが、チャットで話してる時のことです。

「しんどばっと、今度会って服の事、教えてよ〜。」と言われたんですな。

まあ、かわいこちゃんなら、即答で「おっけえ牧場!」(   )なんですが、

その話し相手は、27歳の男性でした。

「・・・いいよ」

「・・・」が私の気持ちの全てを代弁してるといいますか、相手にもバレテルというか、こりゃだめだ。

まあ、私も偉そうな事言えた義理ではないんだけど、経験上のアドバイスをしてみたいと思います。

明日からここで。一週間かけて。


う〜ん・・・大丈夫かなあ・・・  ・・・・・2005/3/8より


「かっこいいと思われたい」

これは間違いなく、すべての老若男女が思ってる事です。

すべての事柄に言える事ですが、物事ってやつは根本が大事です。


では、根本とはなにか?


それは「思想」です!

例えば、自分は相手にどう思われたいのか?

かっこよく?かわいく?金持ちに?さわやかに?明るく?落ち着いて?クールに?やさしく?

そうです。

お洒落な装いというのは、決して一つではないんです。

ボロボロなジーンズ(   )履いてても、かっこいい場合もあれば、

ビシッとスーツスタイル決めても、かっこいい場合もあります。

お洒落な人間になりたいなら、まずそこに進むべく、明確なルートを自分で決めないとダメなんですね〜。

これが無い限り、真っ暗闇の中、手探りで歩くことになる・・・と思いますです、はい。


さて、今回は27歳 独心、もとい独身の男の子。

さて・・・「ドクターS」こと、このしんどばっとが、見事にこの男性のダサイセンスを治療してみせましょう!

みなさん、期待して下さいね?


・・・まあ医者つっても、まだ研修医なんだけどね?  ・・・・・2005/3/9より
元ネタは、1957年
ジョン・ウェイン主演の
映画「OK牧場の決斗」
私は親父の影響で、
無理やり見せられました。
面白かったなあ・・・
あの頃の西部劇って。

最近、ガッツ石松が
親父ギャグに
使い出す始末。

この野郎・・・
自分のHomepageにも
「OK牧場」なんて
ネーミングつけやがって。
ゆるせねえ・・・(笑)
カルテ  handol name A・B  年齢27歳  男   現在 彼女なし

     彼女いない暦 そういないわけでもない。

     とにかく、ファッションに自信がない。

     お洒落なんて考えず、仕事一筋だったが、最近になって考えるようになった。

     職業柄、仕事は普段着。  スーツの経験なし。   お洒落にお金をかけるゆとりアリ

   
ふむ・・・なるほど・・・ありがちな男の子ですな。

まあ、変なカンチガイしてない分、症状は、軽いでしょう。

お洒落というのは、ある意味学習ですから、これから勉強すれば、完治します。

ユニク●(   )のアウターといっても、それが悪い訳では、ないですからね〜。

問題は、それでゼンゼンキマッテナイ(と思われる)あなたが問題なんですな。

服自体には、そもそも善悪など、無いんだから。

値段が、高かろうと、安かろうと、似合わない服は似合いませんからね〜。


でもね?・・・合コンにユニク●は、いただけません。

お洒落以前に、勝負根性が足りませんな。男としての。

まあ、それは置いといて、とにかく処方箋をお出ししましょう。

今回は「服装」「靴」「髪型」「その他」の4つですね。

お大事に〜。  ・・・・・2004/3/10 より




さて、結論から言うと、ファッションは、「トータル・バランス」!。

つまり、全体のバランスがモノをいう訳ですね〜

そう考えると、色数の少ない2ピース(上下セット)のほうが,楽にバランスが取れるんですよ。


最近は、普段着にスーツを着ない方が、圧倒的多数ですが、

一昔前では、別に普段着にスーツでも、おかしくもなんともありませんでした。

普段にスーツなんて、カタックルしいと言う人もいるでしょうが、

スーツのほうが、断然楽だということは、普段スーツ着てる方なら、わかるはずです。はい。

今の風潮は、下がジーンズ、上にきれいめジャケットが流行なんですが、

はてさて、これもいつまで続くことやら・・・(   )

2ピースで、まず他人の目をひきつける!

これが出来ないと、上下バラバラでは、まずムリです。


つまり非常にムズいんですね。上下バラバラの、カジュアルファッションというのは。

ユニク●で合コンは、ある意味、上級者のみ成せる技なんですね〜。お金はかからないけど。

最初は簡単にお洒落ができる、スーツスタイルから始めましょう!。

別に、普段ならネクタイ締める必要ありませんしね?

ちょいと、しゃれたシャツでも選んで、普段着にスーツスタイル。・・・どうです?

「男の基本はスーツスタイル」 これが、しんどばっと流  ・・・・・2005/3/11より




さて、靴と服。あなたは、どっちを先に買うべきと思いますか?

私は靴なんです。

理由は二つ。


まず一つ。「靴は男の最大の自己主張」だからです!。

例えば、服は好きな服、着れますか?

答えはノー。服は、基本的に好きな服でなく、似合う服を着なければいけません。

そして、それは必ずしも、同一じゃないんですな。はっはっは。

つまり忍耐を強いられるんです。服選びというのは。

そこを行くと、靴は自由!なんでもイッっちゃって下さい、もう!。

そしてもう一つの理由は、これは私自身の経験からなんですが、

「靴に似合う服を買ったほうが、失敗が少ない。というか、むしろ成功する。」んですね〜。

はっきり言って、服は最後でいいと思います。外に被せる服ほどネ。


でも、コレ、私も最初はそう思わなかったんですよね・・・・。

だいたい、コートに、一番目がいきますよね〜。私もそうでした。

昔、デートの時、¥18000の靴を買ったときは、2時間迷いましたよ。いやホント!。(   )

値段帯は、スーツスタイルに合わせるなら、\50000も出せば、まあそれなりにいいと思います。

「服は似合うものを着て、靴は好きな靴を履く」 これが、しんどばっと流  ・・・・・2005/3/12より




あ〜髪ね、ハイハイ・・・

あのですね?今から、¥10000握って、いかにも流行りの美容室に行ってですね・・・

  イカした店員    「今日は、どういう風に、致しましょうか?」

    あなた       「あ〜任せるから、かっこいいようにして?予算は、¥10000ね?」


これでオッケ。

・・・・・・・・・・いてっ・・・そこ、空き缶投げない。

実は、私、髪型に関しては、あまり詳しくないんです・・・。

というより・・・どうも・・・服は流行を追わなくてもいいんですが、髪は違うと思うんですよ。はい。

「髪型は、流行に勝てない」

これが私の勿論なんです。

もう、プロにおまかせしましょう。何も言わずに・・・。

今は坊主頭でも、「お洒落」の価値観がありますが、

私が高校生の時は、とてもじゃないけど、考えられませんでしたね。

坊主頭がイヤで、野球部を辞めた子がいるくらいでしたし・・・。

「髪型はプロに任せる」 これが、しんどばっと流


あ〜ところで、清●クン?(   )

その頭は・・・ちょっと・・・・・・・・・・・・前の方が、良かったよ?  ・・・・・2005/3/13より




その他は・・・そうですね・・・。

「歯を磨く」 入れ歯だったら、ポリデント 

「爪を切る」 ジョイナーだったら、おけ(   )

「ひげを剃る」 アラブ人なら、おけ

「パンツはボクサーパンツ」 白のブリーフはキツい。名前書いてるのは、さらにキツい。

・・・こんなもんかな?


基本的に、清潔感が一番大事ですよね〜。お洒落というのは。

まあ、このあたりは、一般常識だから、別にいっか・・・。


どうでした?お洒落に興味を持った男性に、一応この4つの処方箋。

「資金にゆとりがある」という設定なので、こんな感じになりました。

あせらずに、じっくり治療することが、肝心ですからね。

これで、合コン!頑張ってください!

あ〜そうそう。あと、代金のほうなんですが・・・






あ〜・・・、ちなみにうちは、保険は やってないから。  ・・・・・2005/3/14より
ボロボロなジーンズ
=クラッシュジーンズですね。

破けた服がオシャレ・・・

ジーンズのみ成せる技ですな。
ユニク●は、ブランド名
メーカー名は、ファーストリテイリング

日本のアパレル界に旋風を巻き起こし、
その企業スタイルはアパレルのみならず、
全ての業種に影響を与えた。

「ユニクロ」は、単一ブランドで恐らく
日本で最も売れているブランド。

詳しくは、後に
ブランド別で記述する予定。
注3
注3
注2
注1
注1
現在はデニム全盛の時代。
理由として、値段が安い。
手入が簡単。みんな履いてる
何にでも合わせ易いと
様々だが、最大の理由は
「形式が無くなって来た」
のが一番かと

つまり礼儀作法が失われつつあると言う事ですな。

ちなみに、
ヨーロッパスタイルでは、
ジーンズといえどもちゃんと
アイロンがけするのが普通。

アメリカンスタイルなら、
けっこうテキトー(笑)
注4
う〜ん・・・かなりの
ダサダサですなあ・・・
まあ、カレ(私)も、
まだ若かったんでしょう・・・

という事にしといて?

ちなみに、この後、
彼女に振られたのは
言うまでもありません(笑)

くうう・・・
靴の巻 「ここで勝負!」
注5
注5
言わずと知れた、
球界を代表する強打者。

正直、大した成績はあまり
上げてないのだが、
アンチ巨人の解説者に、
「巨人に清原いないと、
ダメでしょ〜!!!」と言われ
巨人の4番にいすわる。

ワナですな・・・こりゃ(笑)

エモヤン(江本猛紀)
・・・あんただよ、あんた。
髪の巻 「もう、任せる」
注6
注6
俺に、合コン設定すれ!
ソウルオリンピックの
金メダリストだが、
そのネイルアートは、
↑の写真なんてもんじゃ、
ないから!マジで!

ある意味日本にネイルアート
を持ち込んだ先駆者(笑)

最後は、心臓の病に倒れる。
ドーピングしてたんだろうね。

かわいそうにね〜。
その他 
注7
注7
注4
症状: ユニク●のアウターで、合コンに行ってしまいます。何とかしてええええ
服の巻 「スーツスタイルのススメ」
・・・リンクマップ・・・
1:A.B君の場合
---ファッション論考---
Link map
し ゃ れ ど う
注2
1:A.B君の場合 1〜7話
2:C.D君の場合 8〜13話
7 −−−
8 −−−
9 −−−
10 −−−
Top pageへ戻る
Dr「S」の診療所
--Fashion--
ファッション論考
--Clinic--
--Top page--
Clinic
---Dr「S」の診療所・A・B君の場合---
3:E・F君の場合 
4:E・F君の場合(その2)
5:G・Hさんの場合
6:I.Jさんの場合